2019年度重大ニュース

    2019年度重大ニュース

    2019年度原発重大ニュース

    帰還困難区域「夜ノ森」「大野」「双葉」3駅周辺解除へ自治体の電力調達の実態が明らかに~目立つ大手電力の「取り戻し」汚染水、ALPS小委が報告書策定 海洋放出の利点を強調甲状腺がん72%でリンパ節転移、47%で浸潤「長期にわたる検査を」聖火...
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>帰還困難区域「夜ノ森」「大野」「双葉」3駅周辺解除へ

    2020年3月14日の常磐線の開通に先駆け、3月4日以降、帰還困難区域の夜ノ森(富岡町)、大野(大熊町)、双葉(双葉町)の3駅周辺などの避難指示が順次解除される。
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>自治体の電力調達の実態が明らかに~目立つ大手電力の「取り戻し」

    47都道府県、20政令指定都市のうち、いったん新電力と契約後、現在は大手電力に戻っている自治体が、67自治体中36自治体と過半数に上ることが分かった。
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>汚染水、ALPS小委が報告書策定 海洋放出の利点を強調

    ALPS小委員会は、2020年2月10日、海洋放出と水蒸気放出を「現実的な選択肢」とし、放射性物質監視などの面から「海洋放出の方が確実に実施できる」と強調する報告書をとりまとめた。
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>甲状腺がん72%でリンパ節転移、47%で浸潤「長期にわたる検査を」

    福島県立医大の鈴木眞一教授が、2月3日、福島市内で開催された国際シンポジウムにおいて講演した。
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>聖火リレー・コースの放射能汚染

    東京五輪の国内聖火リレー出発地点である福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」周辺で、高い放射線量が観測された。
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>伊方原発3号機、運転差し止めの仮処分決定

    四国電力伊方原発から50km圏に住む山口県の島の住民が申し立てていた3号機の運転差し止め仮処分申請で、2020年1月17日、広島高裁(森一岳裁判長)は、運転を差し止める決定を出した。
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>東電、日本原電の東海第二原発の再稼働に対する資金支援を決定

    2019年10月、東京電力は日本原電の東海第二原子力発電所(茨城県)に資金支援をすると発表した。東電の支援金額は約2,200億円になるとみられている。
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>関電、原発マネー還流事件

    2019年9月、高浜原子力発電所が立地する福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から、関電の役員ら20人が長年にわたって少なくとも3.2億円相当に及ぶ金品を受け取っていたことが共同通信のスクープで明らかになった。
    2019年度重大ニュース

    <2019年度重大ニュース>東電の旧経営陣3人に無罪判決

    2019年9月、東京地方裁判所は、福島第一原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で起訴されていた東京電力の旧経営陣3人に無罪判決を言い渡した。
    タイトルとURLをコピーしました