武熊明子さん(市民放射能監視センター ちくりん舎)

    福島第一原発事故をめぐる15の証言

    「自分たちの身にも何か危険が迫ってるんじゃないかという危機感」から福島などで放射線測定を続ける武熊さん。東京オリンピックの聖火リレー・コース沿いの放射線測定に福島に来ました。

    「やっぱり自分の目で見ると、いろんな考え方ができるんで」 と実際にその場所に行くことの重要性についてのお話が印象に残りました。

    福島ミエルカプロジェクト:NPO法人市民放射能監視センター ちくりん舎 武熊明子さん
    タイトルとURLをコピーしました